The Song of Songs and the Fashioning of Identity in Early Latin Christianity (書籍, 2016) [Fuller Libraries]
コンテンツへ移動
The Song of Songs and the Fashioning of Identity in Early Latin Christianity

The Song of Songs and the Fashioning of Identity in Early Latin Christianity

著者: Karl Shuve
出版社: Oxford : Oxford University Press, 2016.
シリーズ: Oxford early christian studies
エディション/フォーマット:   紙書籍 : English : First editionすべてのエディションとフォーマットを見る
概要:
Karl Shuve offers a comprehensive analysis of the interpretation of the 'Song of Songs' in the Latin-speaking churches of late antiquity, showing how it was used by bishops and theologians to illuminate complex problems of identity in relation to liturgical practice, doctrinal definitions, and ideas about the body and sexuality.
Fuller Libraries ネットワークへのアクセス権を確認できませんでした。 オンラインのコンテンツやサービスの利用には、ご所属の図書館による認証が必要な場合があります。 Remote Access Login
この資料のオンライン版を取得中… この資料のオンライン版を取得中…

オフラインで入手

配置場所と利用可否を確認中… 配置場所と利用可否を確認中…

WorldCat

世界の図書館の所蔵状況
この資料を所蔵している世界の図書館

詳細

ジャンル/形式: History
ドキュメントの種類 書籍
すべての著者/寄与者: Karl Shuve
ISBN: 9780198766445 0198766440
OCLC No.: 959538605
メモ: Comprend un index.
物理形態: xix, 236 pages ; 24 cm
コンテンツ: THE SONG OF SONGS IN NORTH AFRICA AND SPAIN; THE SONG OF SONGS IN ITALY
シリーズタイトル: Oxford early christian studies
責任者: Karl Shuve.

概要:

Dr Shuve offers a comprehensive analysis of the interpretation of the Song of Songs in the Latin-speaking churches of Late Antiquity, showing how it was used by bishops and theologians to illuminate  続きを読む
注記を取得中… 注記を取得中…

レビュー

編集者のレビュー

出版社によるあらすじ

Shuve's fine study - detailed, scholarly and smoothly-written - opens new vistas on the multifarious uses to which the Song of Songs could be put in late ancient Latin Christianity. * Elizabeth A. 続きを読む

 
ユーザーレビュー

タグ

まずはあなたから!
リクエストの確認

あなたは既にこの資料をリクエストしている可能性があります。このリクエストを続行してよろしければ、OK を選択してください。

ウインドウを閉じる

WorldCatにログインしてください 

アカウントをお持ちではないですか?簡単に 無料アカウントを作成することができます。.