The soul of doubt : the religious roots of unbelief from Luther to Marx (電子書籍, 2016) [Fuller Libraries]
コンテンツへ移動
The soul of doubt : the religious roots of unbelief from Luther to Marx 資料のプレビュー
閉じる資料のプレビュー

The soul of doubt : the religious roots of unbelief from Luther to Marx

著者: Dominic Erdozain
出版社: New York, NY : Oxford University Press, [2016] ©2016
エディション/フォーマット:   電子書籍 : Document : Englishすべてのエディションとフォーマットを見る
概要:
Histories of unbelief typically emphasise external challenges to religious faith, such as the natural sciences, historical criticism, or changes in social conditions and lifestyle. This study accepts much of the chronology of the traditional account of 'secularization' but it proposes a very different cause: conscience. Tracing the liberation and expansion of the Protestant conscience from Martin Luther to Karl  続きを読む
Fuller Libraries ネットワークへのアクセス権を確認できませんでした。 オンラインのコンテンツやサービスの利用には、ご所属の図書館による認証が必要な場合があります。 Remote Access Login
この資料のオンライン版を取得中… この資料のオンライン版を取得中…

オフラインで入手

配置場所と利用可否を確認中… 配置場所と利用可否を確認中…

WorldCat

世界の図書館の所蔵状況
この資料を所蔵している世界の図書館

詳細

ジャンル/形式: Electronic books
その他のフォーマット: Print version:
Erdozain, Dominic.
Soul of Doubt : The Religious Roots of Unbelief from Luther to Marx.
Cary : Oxford University Press, ©2015
資料の種類: Document, インターネット資料
ドキュメントの種類 インターネット資料, 電子ファイル
すべての著者/寄与者: Dominic Erdozain
ISBN: 9780199844623 0199844623
OCLC No.: 913742616
物理形態: 1 online resource (xi, 320 pages)
コンテンツ: Introduction: Desecularizing doubt --
The prophets armed: Luther and the making and breaking of conscience --
"To kill a man is not to defend a doctrine. It is to kill a man": the wars of religion and the virtues of doubt --
The metaphysics of mercy: Calvin and Spinoza --
In search of a father: Voltaire's Christian Enlightenment --
"A damnable doctrine": Darwin and the soul of Victorian doubt --
The God that failed: Feuerbach, Marx, and the politics of salvation --
Conclusion: In Augustine's shadow.
責任者: Dominic Erdozain.

概要:

Dominic Erdozain argues that the real solvents of orthodoxy in the modern period have been concepts of moral equity and personal freedom generated by Christianity itself.  続きを読む
注記を取得中… 注記を取得中…

レビュー

編集者のレビュー

出版社によるあらすじ

a clear and lively counternarrative addressed to those who still believe religion can only restrain rather than liberate and that Christianity necessarily opposes what modernity values. For this 続きを読む

 
ユーザーレビュー

タグ

まずはあなたから!
リクエストの確認

あなたは既にこの資料をリクエストしている可能性があります。このリクエストを続行してよろしければ、OK を選択してください。

ウインドウを閉じる

WorldCatにログインしてください 

アカウントをお持ちではないですか?簡単に 無料アカウントを作成することができます。.